2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月24日 (木)

むしのいき

コンパクトかざし睫毛の手入れする娘もゐるか昼の電車に

デートに行くとばかりは限らず、殆ど女としてのたしなみといふ以前の習性でせうか。外回りで乗る電車なかにしばしばみうけられます。

怠けゐて既に初夏隣り合ふ娘の和毛日に透かしみる

毛の生え具合とか爪の手入れ加減でふとその娘さんやご婦人の現在置かれた状況や運勢について勝手な妄想を逞しうしたりなどしますが、古い造りの、蟲這ひ出てやまぬ部屋に起居する自分こそ八方塞がり蟲の息かなどと日課の蟲殺しの間にふと苦笑してゐるこの頃です。

むしのいきを冠に

胸毛はだけ白髪を染めてのさばれど今は昔のきれぎれの夢

2007年5月21日 (月)

なまけもの 二

ナザレ人マグダラ女穢れなき腿を連ねて野の花の露

これはダヴィンチコードの世界ですかね。法王庁から火あぶりにされかねぬや。

しばらく更新を怠けてをりましたので、埋め合せにこんな罰当たりを一首。

なまけもの

生涯に幾億本の毛を落とし過ぎ行くやらむなどおもひつつ

髪の毛体毛陰毛等考ふればきりない話かなどと寝ぼけまくらに埒ないことをおもふ

なまけものを冠に

ながらへてまざまざとあふ今日の憂さ元の塒に残る一筋

この題は折にふれ思ひついた時に詠み加へます。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »